目的から探す case 01
自然の力も取り入れて
心地よい住まいづくり
当社では、設計の際に機械設備に頼るのではなく、自然力(風、光、熱)を考えた設計に心がけています。

例えば、風が通り抜けるような窓の配置や太陽の角度。夏の太陽は高度が高く、冬の太陽は高度が低い。なので夏は暑い日差しをカットし、冬は部屋の中まで太陽の光が届き暖かく過ごせるよう考え設計しています。

さらに太陽光発電システムを搭載する事で、ZEH(ゼロ・エネルギー住宅)も実現できます。
ZEH(ゼッチ)ってなあに?
ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略。
家庭では、照明や冷暖房・浴室などの為にエネルギーを使っています。住宅の断熱性を高め、省エネ設備を使い、太陽光発電などでエネルギーをつくりだすことで、1年間で消費する住宅の一次エネルギー消費量(石油、石炭、天然ガスなどに換算したエネルギー消費量)を、正味(英語でnet(ネット))ゼロ以下とする住宅のことをZEHといいます。
どうしてゼロエネルギー住宅が必要なの?
地球温暖化が世界的な問題となっており、その原因の一つと考えられている化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)の使用量を減らす為です。
家庭でのエネルギー消費量は、1973年を基準にすると、2015年までの間で、約2倍に増えており、家で使う電気やガスの使用量を減らす取り組みとして、ゼロ・エネルギー住宅が求められています。
(注) 1993年度以前の個人消費は日本エネルギー経済研究所推計。「総合エネルギー統計」では、1990年度以降、数値の算出方法が変更されています。
出典:内閣府「国民経済計算」、日本エネルギー経済研究所「エネルギー・経済統計要覧」、資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」、総務省「住民基本台帳」を基に作成


自然エネルギーを使ったコダマホームのゼロ・エネルギー住宅
太陽や風と上手に付き合う。

太陽の熱を夏は遮り、冬取りいれるためには、その家の部屋が面している方角によって、窓の大きさを変えたり、日よけをつける工夫をしいています。

さらに太陽の光の利用も考慮しています。取り込んだ光は窓やドアのある空間だけでなく、できるだけ奥の空間まで導き、快適で明るい室内計画をしています。

自然の風を取り入れる工夫として、家の脇を通り抜ける風を捕まえ、逃がすことのできる窓の設置や空気の特性を利用した温度差換気の計画も考慮しています。

設計士自ら現地確認することで、それぞれの立地条件等に合わせ自然エネルギーの有効利用を計画しています
埼玉県春日部市緑町5-7-24
TEL 048-731-1166